事業が立ち上がるか否かで、企業の盛衰が決まります。
特に、自社商品を開発し ⇒ 市場を獲得し ⇒ 原価を回収するまでには多大な苦労が付きまといます。
成功したときの喜び/利益を出し続けるようになったときの喜びは大きなものですが、最低条件としての原価を回収するまでは、経営陣・商品開発担当・営業担当・・・各々の心労は並大抵のものではありません。

商品開発企画から、市場調査・分析、攻めるターゲット、営業マン育成、成果の回収・・・各々のシチュエーションにおいての経験からご支援可能ですので、気楽にご相談頂ければ幸いです。

事業立ち上げ

ソフトウェア開発や設計などの業務は、個人のノウハウが重要視されますので、独立し易い業務だと言えます。 その為、技術者の方々が独立して会社を設立するケースが圧倒的に多い分野でもあります。

当社と契約しているシステム開発会社様の場合もノウハウは抜群ですし、お客様の信頼も圧倒的に厚いのです。 が、営業活動をしている暇が無いのです

この会社様とのお付き合いが始まったのは10年ほど前になります。 パッケージソフト開発を主体にする上場会社の役員時代に知り合い、役職定年後に設立した現在の会社でも受託したソフト開発の仕事に参画して貰いました。 その受託開発が終了したときに、仕事が無い!と言うので、営業代行を始めました。

営業代行契約はシンプルなものです。

・ 営業活動は・・・私・・・ 。 システム開発は・・・あなた・・・ 。

ご興味のある方は 簡単に内容を明記のうえ お問合せ ください。

<お客様からの依頼内容>

お客様からの依頼により、1年ほど前に商品を開発して、納品した。
そのお客様とは、依頼主との同業界を除けば自由に販売して良いとの契約。
納品したお客様の評判も良く、新規市場の開拓活動をしているが順調ではないとのことで、当社に協力依頼がありました。

<当社との契約概要>

今以上の営業経費は掛けられないので、売り上げ実績に応じた粗利分配で、市場開拓コンサル契約をしました。 

対象市場は、モノづくり企業の製造工場。

本商品のシステムは、地震予知情報のスピーディな伝達および機器やワークの安全確保。
(気象庁の気象業務センターからの予報を受けて即配信されます)

こんな商品ができましたが、「市場への流し方が判らない・・・」とのご相談があります。
ほとんどの場合、技術者の方々が片手間で作っていたサンプル/たたき台を持参します。

こんなものがあれば便利だと思う・・・からの着手ですので、狙いは合っています。

「いくらで売りたいんですか?」と質問をします。
「いくらなら売れますかね?」と逆質問されるケースがほとんどです。

「あなたなら、幾らで買いますか?」
          ・
          ・
          ・
 こんなやりとりから、コンサルが始まります。

ご希望の方は、お問合せフォームにて、お気軽にご相談ください。  

営業活動の成果は上がってますか?

会社の盛衰は、利益にかかっています。

会社組織の利益や成果をもたらしてくれるのは、お客様です。

お客様から 「付き合う価値がある!」と認められているでしょうか?

・ 新商品を開発したいけれど、なかなか新商品を開発できない!

・ 営業力が弱い!

・ お客様の開拓ができない!

・ etc

御社の営業マンは  

  ・ 原価を回収してますか?

  ・ お客様のライトパースンを訪問してますか?

  ・ お客様の訪問回数に満足してますか?